/

この記事は会員限定です

ルポ・訪日外国人の宿事情 簡易宿泊所や民泊の実態は?

[有料会員限定]

年間の訪日外国人客数が2000万人に迫っている。宿泊施設の慢性的な不足感は強まる一方で、都心のホテルの料金は上昇傾向だ。政府は自宅やマンションを宿として提供する民泊を解禁する方針で、民間でも古民家などをホテルに転用する動きが広がっている。民泊の経済効果は約10兆円と外国人観光のメッカである京都府の経済規模(GDP)に匹敵するとの試算もある。人気ホテルとはひと味違う施設を訪ね歩いてみた。

簡易宿泊街は変われるか

日雇い労働者の街、大阪市西...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン