フルスイングの余韻(山崎武司)

フォローする

前田健太の米ドジャース移籍で考えたこと

(1/2ページ)
2016/1/24 6:30
保存
共有
印刷
その他

広島・前田健太の米ドジャース移籍が決まった。長年の希望がかなったことは喜ばしいし、日本代表としてぜひとも成功してほしいところだが、厳しい世界であることにも変わりはない。出来高払いの比率が高い契約にもドジャースの期待と懸念が表れている。

ドジャースの入団会見で、ロバーツ監督(左)と握手する前田=共同

ドジャースの入団会見で、ロバーツ監督(左)と握手する前田=共同

相次ぐ故障、日本人投手への不安呼ぶ

前田は8年契約。ベースとなる年俸総額が日本円で30億円弱なのに対し、出来高払いの部分が満額で5倍近くもあるという。「イレギュラー」な部分があったという身体検査に加えて、ダルビッシュ有(レンジャーズ)や田中将大(ヤンキース)といった日本を代表するエースが渡米後に相次いで故障していることも、日本人投手への不安を膨らませているのだろう。

故障が起きる理由はいろいろと考えられる。ボールの違い、硬いマウンド、中4日が基本の登板間隔などはよく指摘されている。僕が大きいと思うのは、日本と比べた相手打者の力量の差だ。日本にいた頃の田中はメリハリの効いた投球をしていた。走者のいない場面や下位打線では力をセーブしておいて、勝負どころで全力を出す。よく「ギアを上げる」といわれた。ボールの違いはチームメートの僕たちにもはっきりと見て取れた。

ところが、大リーグではギアを落とせる局面が極端に減る。下位打線でも日本のクリーンアップに勝るとも劣らないパワー自慢の米国では、日本なら単打で済む甘い球が簡単に長打やホームランになってしまう。時速300キロを出せる1万回転のエンジンを積んでいても、ずっと300キロでは走れない。それでもスピードを落とせなければ、故障が起きやすくなるわけだ。

前田の契約形態、日本の球団も参考に

前田の契約形態には賛否両論あるかもしれないが、僕はいいと思っている。長年の実績がある選手にはその分のベースアップがあっていいが、大リーグでの前田のキャリアはこれから。ローテーションをきっちりと守れば取り分が大きく増えるのだから、これはやりがいがある。日本の球団が外国人選手を取るときにも参考にしてほしいぐらいだ。ベースは5000万円、活躍すれば2億円。ハングリー精神旺盛な外国人には持ってこいだし、球団からしても可能性を感じる選手を積極的に発掘できる。日本でそこそこ実績のある外国人が複数チームを渡り歩く「リスク回避最優先」のチームづくりより、よほど面白いではないか。

前田のドジャース入りは移籍のルールについて改めて考える機会にもなった。海外フリーエージェント(FA)を取得していない前田は、米国の獲得球団から広島に譲渡金2千万ドルが入るポスティング制度を使った。ポスティングの問題点は、移籍を認めるか認めないかのスタンスが球団ごとにバラバラなことだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

フルスイングの余韻(山崎武司) 一覧

フォローする
本塁打を浴びた味方投手に声を掛ける巨人・阿部(左)。捕手に入った際は打者に対してほとんどしゃべらない=共同共同

 野球は「間」の多いスポーツだ。1球、1プレー、投手交代。様々な区切りにグラウンドの選手たちは言葉を交わしている。僕が若かった頃、捕手はとりわけおしゃべりだった。
 すぐに思い出すのは広島の達川光男さん …続き (9/1)

ロッテ・藤原は開幕1軍入りを果たすも結果を出せず2軍落ちした=共同共同

 プロ野球開幕から1カ月あまり、注目のルーキーたちがプロの壁にはね返されている。開幕1軍入りを果たした藤原恭大(ロッテ)は結果を出せず2軍落ち。4球団が競合した根尾昂(中日)はケガもあり、本領発揮には …続き (5/5)

藤原の軸足に体重を乗せての豪快な振りは、さすが3球団が競合した選手だけのことはある=共同共同

 2月は各球団の春季キャンプを回った。今年は外野手に楽しみな新人が多い。ドラフト1位で入団した彼らのプレーに注目してみた。
 まずはロッテの藤原恭大(大阪桐蔭高)。3安打を放った中日との練習試合を見たが …続き (3/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]