太陽系「第9惑星」は本当にあるか 探索を阻む壁

2016/1/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米カリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウン教授らの研究グループが冥王星のはるか外側に太陽系の「第9惑星」が存在する可能性がある、と発表して話題になっている。ただ、これは計算上の予測で、こうした研究はこれまでにもいくつか公表されてきた。存在を証明するには大型望遠鏡を使った実際の観測で発見しなければならないが、遠くて暗いと予想されるだけに、観測には多くの困難が伴いそうだ。

■地球の10倍の質量で1万

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]