/

この記事は会員限定です

アジアの「中所得国の罠」は幻か

アジア総局編集委員 村山宏

[有料会員限定]

新興国の景気が冷えてくると「中所得国の罠(わな)」という話題が盛んにかわされるようになる。新興国がある程度経済発展した段階で、成長の停滞に陥る状況を指す。アジアではタイとマレーシアがこの罠にはまったといわれるが、最近は中国も仲間入りをするのではないかとの見方が出ている。これに対し、中所得国の罠という現象は存在しないという中国人学者の反論も表れている。

年明け2日付のタイ英字紙バンコクポストに、タイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン