アニメ「聖地巡礼」 地域振興に

2016/1/17 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アニメーションが地域振興につながる事例が相次いでいる。アニメの舞台やモデルとなった地域や場所をファンが訪れ、地元住民と触れあうことで地域に活力が生まれている。こうした動きはファンの間で「聖地巡礼」と呼ばれ、観光学などでは「コンテンツツーリズム」と言われている。

テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」(2012~13年)の舞台となった茨城県大洗町。アニメでは架空の高校「大洗女子学園」をつくり、女子高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]