市場が気をもむインドの「スーパースター」のXデー

2016/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドには「スーパースター」と呼ばれる政策当局者がいる。モディ首相とともに、経済の躍進を支えてきたインド準備銀行(中央銀行)のラグラム・ラジャン総裁だ。その大スターが退任するのではないかというリスクが金融・資本市場でささやかれ始めた。総裁の任期は原則3年。2013年9月に就任したラジャン氏は、今年9月に節目を迎える。任期が延長されずに退任すれば、インドの株式相場や通貨の急落につながる可能性があり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]