/

銀盤ファンタジア 目を引くフィギュア若手 宇野・樋口ら伸び盛り

プロスケーター 太田由希奈

 日本のフィギュアスケーターには「クリスマスの思い出がない」という選手が少なくない。毎年、全日本選手権が開催される時期だからだ。全日本選手権は四大陸選手権、世界選手権、世界ジュニア選手権の代表選考会を兼ねている。シーズン後半、自分は何試合に出られるのか――。そう考えると世界選手権より緊張するという選手も多く、プロスケーターの太田由希奈さんは「特別なプレッシャーがかかる試合」と語る。

今季の全日本(昨年12月)は世代交代を感じました。まず、男子で2位に入った宇野昌磨選手(愛知・中京大中京高)が乗っています。今が伸び盛りの「来ている」選手です。巡って来たチャンスをきちんと自分のものにしているところが、その証拠です。

伸び盛りの宇野。技術なども世界トップクラスに入ってきた=共同

宇野に備わる「ひき付ける力」

彼が中学生になったばかりの頃に初めて見ましたが、当時から「ひき付ける力」がありました。まだ完成されていない部分はあるが、目がいってしまいます。当時はとても小柄で、そのハンディがバネになったのでしょうか、よく練習をする選手です。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をマスターするのにも時間がかかりましたが、いったん自分のものにすると、とても質が高く成功率も安定しています。次第に技術が伴ってきて、4回転ジャンプの確率、プログラムの細かい部分、技術も世界トップクラスに入ってきました。

さらに新世代を感じさせたのは女子です。男子よりも競技人口が多いので、競争は熾烈(しれつ)になります。ジュニアの全日本選手権で上位に入った選手には、シニアの全日本選手権への出場権が与えられています。ジュニア選手にとっては「クリスマスプレゼント」です。世界ジュニアの選考はかかっているものの、憧れの選手と同じ舞台に立てることで、楽しくて仕方ありません。プログラム全体としてジュニアの若さが残るかもしれませんが、ジュニア世代は技術を習得している真っ盛りの時期。質の良い技術を見られるのが楽しいところです。

そのような中で、中学3年生の樋口新葉選手(東京・開智日本橋学園中)が2年連続で表彰台に上がりました。のびのびと滑るといっても、表彰台に立つのはそうできることではありません。浅田真央選手(中京大)、安藤美姫さんなど、ジュニアで全日本選手権の表彰台に上がった選手は、やはりシニアでも活躍しています。

中学3年の樋口にはスピードに乗ってジャンプを決める力強さがある=共同

最もスケーターらしい樋口

樋口選手は同じリンクで滑る機会も多いので、よく見かけますが、最もスケーターらしいスケーターです。スケートが本当によく滑ります。きれいに滑るスケーターはたくさんいますが、スケートの基本はスケートが滑ること。その根本ができる選手という感じがします。このインパクトはすごいものがあり、とにかく印象に残ります。

樋口選手は最初から、とてもスケートが滑っていたそうで、一度でも彼女を見かけた指導者たちは、名前こそ覚えていなくても彼女のスケートは忘れなかったほど。ブレードのよく滑る位置に乗れているからスピードが出て、その中でジャンプを決めていく力強さがあります。あの伊藤みどりさんをほうふつとさせます。スピードを最大限に生かしてジャンプを跳べるし、むしろスピードが出ないとジャンプが跳びにくいと感じるタイプでしょう。

優勝した宮原知子選手(大阪・関大高)はまだ17歳。世界ジュニア代表になった白岩優奈選手(京都醍醐ク)、本田真凛選手(大阪・関大中)の2人は14歳。この3人を指導するのは、私も子供の頃から教わった浜田美栄コーチです。ご自身が非常にきれいにスケートを滑る方で、パワフルでもあります。練習リンクの確保に苦労された時期もありましたが、色々な工夫をして、日本代表選手を育ててきました。

全日本選手権で優勝した宮原はまだ17歳。女子は世代交代がはっきりした=共同

2006年に関大アリーナが完成。練習環境が整い、目指す指導ができているのだと思います。浜田コーチの下から、そして中京大アイスアリーナのある愛知県から次々と選手が出てきているのは、フィギュア選手が優先的に使えるリンクがあるという点が大きいでしょう。リンク状況が厳しい時代から試行錯誤してきたコーチのおかげで、今、若い世代の選手が育ち、若手コーチも育ちつつあることは頼もしいかぎりです。

女子は世代交代がはっきり

女子フィギュアは世代交代がはっきりしました。浅田選手を心配されたファンも多かったでしょうが、自分を取り巻く環境の違いにまだ慣れきっていなかったのもあると思います。

これまでの代表メンバーは、一番年上でみんなをまとめる長姉タイプがいて、みんなの注目を集めるアイドル的な選手がいて、もう一人のびのびできる選手が入ってくるという形が長く続いてきました。15歳のシニアデビューから14年のソチ五輪シーズンまで、浅田選手はずっと注目を集めてきましたが、今季からは「お姉さん役」も求められます。無意識のうちに気を使う部分が増えているはず。トリプルアクセルなどは復帰前より調子が良く、こうした立場に慣れるのに、もう少し時間がかかるのかもしれません。

今年の全日本ではペアとアイスダンスにもかつての日本で考えられないほど多くのカップルが出場しました。ジュニアのアイスダンスでは、深瀬理香子(埼玉・霞ケ関高)・立野在(明治神宮外苑ク)組も世界ジュニア代表に選ばれました。とてもスケーティングがうまい立野選手は、小さい頃から滑っているだけで幸せで、ひたすらリンクに円を描くコンパルソリーが好きな選手でした。しかし、これでは日本で主流のシングル競技に出られません。「アイスダンスをしてみたら」と提案されて始めた選手です。フランスでアイスダンスのレベルテストを受けるなど、日仏を行き来して頑張っています。

カップル競技の環境は不十分

フィギュアスケートブームが来て、フィギュアを始める少年も増えてきましたが、まだ女子選手の方が圧倒的に多く、日本でカップル競技はなかなか定着しません。指導者を海外から招くことができても、リンク環境の問題が大きく立ちはだかります。アイスダンスやペア競技は滑るコースや求められる技が違うので、シングル選手と同じリンクで練習するのが難しいのです。

結果的に本格的に練習するのなら海外に拠点を置かざるを得ない状況です。色々な難しさはありますが、練習環境の苦労を乗り越えて日本のカップル競技が発展することを願うばかりです。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン