10年以内、不治の病でなくなる 免疫を究めて新薬
 がんは治せる(1)本庶佑・先端医療振興財団理事長

2016/1/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 日本人の死因1位であるがん。手術、放射線、抗がん剤などの治療手段があるが毎年100万人ががんと診断されうち35万人が死亡する。しかし、そのがんももはや「治せる病」になりつつある。最先端の研究と技術で世界のがん治療の現場を変革し始めた旗手たちをリポートする。

「がんが不治の病でなくなるのは数年後。遅くても10年以内にはそうなる」――。先端医療振興財団理事長の本庶佑(73)はこう予言する。

本庶の言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]