/

この記事は会員限定です

10年以内、不治の病でなくなる 免疫を究めて新薬

がんは治せる(1)本庶佑・先端医療振興財団理事長

[有料会員限定]
 日本人の死因1位であるがん。手術、放射線、抗がん剤などの治療手段があるが毎年100万人ががんと診断されうち35万人が死亡する。しかし、そのがんももはや「治せる病」になりつつある。最先端の研究と技術で世界のがん治療の現場を変革し始めた旗手たちをリポートする。

「がんが不治の病でなくなるのは数年後。遅くても10年以内にはそうなる」――。先端医療振興財団理事長の本庶佑(73)はこう予言する。

本庶の言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン