/

この記事は会員限定です

株、一時300円安 北朝鮮ショックの影にもう一つのリスク

証券部 野村優子

[有料会員限定]

6日の東京株式市場で日経平均株価の下げ幅は一時300円を超えた。終値は前日比182円(0.99%)安の1万8191円だった。午前中に北朝鮮が初の水爆実験を行ったと伝わり、円高と株価指数先物への売りが膨らみ、投資家心理は暗転。大引けにかけても荒い値動きが続いた。北朝鮮ショックに揺れた6日の東京市場ではもう一つ、相場に大きな影響を与えかねない現物株の「売り」を指摘する声が増えている。オイルマネーの退潮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン