/

「嵐」コンサート、地方を潤す 熱烈ファンの経済効果

年末年始のテレビで5人組アイドル、嵐の姿を見ない日はなかったといっていい。人気タレントを多数抱えるジャニーズ事務所(東京・港)でも筆頭格の売れっ子で、コンサートは年間80万人以上を動員する。嵐が赴く所、熱烈なファンが押し寄せ、開催地の宿泊業や飲食業にもたらす経済効果は年々膨らんでいる。その「嵐特需」のインパクトを探るべく、現場を"追っかけ"てみた。

40代の女性ファンは8年間でCDやグッズ、コンサートなどに100万円以上使ったという

会場周辺は「音漏れ鑑賞」も

2015年12月26日、東京ドームは5万5000人の熱気に満たされていた。「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」には学生から子供連れの20代夫婦、中高年まで幅広い観客が集まっていた。コンピューター制御されたペンライトとレーザー光で色鮮やかに演出され、巨大スクリーンを駆使したステージは美しく、楽しい。スマートフォン(スマホ)で舞台を撮影する観客もほとんどおらず、行儀の良さが目立つ。

なぜか会場周辺では、カフェが軒並み満席。チケットがとれず、会場からの音漏れを聴く「音漏れ鑑賞」に地方などから足を運んだ人たちが開演まで待機していたのだ。観客に嵐の魅力を聞くと、大量のグッズを大事そうに抱えながら熱く語ってくれた。そこからは、嵐に対して「一緒に頑張る仲間」といった親しみを抱くファン像が浮かんできた。

ファン歴7年の看護師(41)は「アイドルを演じているのではなく、"頑張っている感"がある。5人の仲の良さとチームワークに元気をもらう」と語る。証券会社の女性社員(32)も「2年前に初めてコンサートに行ってハマった。合間のメンバー一人ひとりのあいさつからもファンを大事にする姿勢が、他のアーティストと違うなと感じた」と話す。

嵐は16年前のデビュー当時、ほとんど鳴かず飛ばずだった。メンバーのマツジュンこと松本潤さんが出演し、嵐の歌が使われたテレビドラマ「花より男子」(05年、07年)で人気に火が付いたといわれる。売れるまでの間、メンバーはこまめにファンと触れあうイベントを積み重ねた。その成果が「仲間意識」となって、多くのファンの心をつかむ。

ファンクラブの会員数は非公表だが、業界では約180万人といわれる。ただ、実際のファンの数とイコールではないようだ。07年に入会した情報技術(IT)関連会社に勤める女性(47)は地方公演の渡航費やグッズ、CDに「100万円以上は使った」といい、「ファンクラブには妹や母親など7人の名義で入会している」と明かす。クラブとしては本来、許しがたい行為だが、年会費4000円を7人分負担しても惜しくないという。なぜだろうか。

大勢の嵐ファンが抽選で当たったチケットを手にコンサート開催地へ移動する(画像は嵐の大野智さんがデザインした日本航空の特別塗装機)

 理由は「ライブに行きたいから」。というのも嵐のコンサートチケット(8500円)は事実上ファンクラブ会員でなければ入手できないとされる。それも抽選でふるいにかけられる。毎年11~12月に開かれる全国ツアーの日程は、6月ごろに発表される。会員は各地の会場を第3希望まで応募できる。その当選確率を上げようと、複数の会員名義で申し込むファンは少なくないのだ。

プラチナチケットを片手に全国を移動

15年11~12月に札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の五大都市で開かれた「Japonism」は計17回。札幌が3日間で15万人、東京は4日間で22万人を集めたが、いずれも競争率は高い。札幌市在住の女性(36)は「5年ぶりに福岡が当たった。東京ドームがいいけど場所を選んでいられない」と語る。

こうして全国の熱烈なファンたちが、ようやく当たったプラチナチケットを片手に各地へ大移動する。時間をかけて築いた強固なファン層と、全国五大都市の大型会場での開催という組み合わせの妙が生む現象だ。人気アイドルの中でも、これだけ多数のファンが広域を移動する例は珍しいという。ファンの間では「航空券代や宿泊費のかかる札幌は若い人が行きにくく当たりやすい」(百貨店勤務、48)といった情報まで飛び交う。

嵐は単独アーティストで初めて4年連続の5大ドームツアーに成功した(東京ドーム)

大移動ゆえに熱を帯びるのが宿泊先の確保だ。ツアー発表と同時に争奪戦が始まる。チケットの当落は申し込んで2カ月ほど過ぎないと分からない。都内の大学院生(24)は「とりあえずチケットを申し込んだ開催地でホテルを探す。ホテルは直前までキャンセル料がかからないから、チケットが手に入るかもしれないギリギリまでキープする」と明かす。

この女性ファンは運良く4年連続で札幌のチケットを入手できたが、「開催日前後の航空券とホテル予約は嵐ファンの注文で瞬時に売り切れる。日程発表と同時に動けるかが勝負」と気の抜けない様子だ。飲食店も予約は欠かせない。「以前、コンサートの後にススキノのジンギスカン店に行ったら、どの店も嵐ファンで埋め尽くされたのか3時間待ち。さすがに懲りた」という。飲食店側は「閑散期の11月に道外から集客できる」(札幌市のサッポロビール園)と歓迎する。

ホテルもファンの動向に敏感だ。「開催時期は周辺のホテルの空き部屋が消えてしまうほど嵐効果は別格。09年の結成10周年あたりから急速に予約スピードが上がった」とアパホテル(東京・港)の村田紘嗣・統括ITスーパーバイザーは証言する。同社はツアー発表時から嵐ファンが集う交流サイトをみて、ファンがどう動くか分析。15年12月17~19日の福岡公演では福岡の計300室がほとんど嵐ファンで埋まった。「チケット当落が分かるといったん半分ほどキャンセルが出る。ただ、ホテルを確保できなかったファンで再び埋まる」

15年9月の復興支援コンサート期間、地元のバスがこんなメッセージを掲げ、ファンを喜ばせた

転売防止に顔認証システムも導入

京王プラザホテル札幌は、開催日程が決まった翌日にはファンの予約で満室になるため、宿泊予約をストップする。抽選に外れても部屋をキャンセルせず、チケットを入手できたファンに譲るケースもあるようだ。そして3世代で楽しむファンの宿泊が多いという。

話題になったのは15年9月、宮城県利府町のスタジアムで開かれた復興支援コンサートだろう。開催発表と同時にあらゆる宿泊施設に予約が殺到、あるホテルは重複予約を受け付けてしまい謝罪に追い込まれた。「交通手段が少なく、レンタカーや駐車場の予約も大変だった」(40代のファン)。過熱しすぎたのか、通常5000円以下のビジネスホテルの客室が牛タンカレーや宮城米を付けて1泊5万円で売られ、1日1万円で自宅の土地を駐車場に貸すような現象もあったという。4日間の公演の経済効果は90億円超とされたが、「一部の人が商業主義に走り、復興支援の趣旨とずれた」と残念がるファンもいる。

ジャニーズ事務所では、今後もコンサートの開催パターンを変更するつもりはないという。平日であれば18時開演、21時ごろの終了と終電で帰りやすい時間を設定している。公演数も現状が「いいあんばい」で、大幅に増やすのは難しいという。ただ、ファンを守るべく様々な手を打っている。例えば不当にチケットの価格をつり上げる転売の防止だ。事前に転売されたと分かった席は無効にして、再販売する。15年のツアーからは一部座席に顔認証システムも導入した。

嵐は15年にオリコンの音楽ソフト売り上げで143億円と、5度目の1位を獲得。単独アーティストとして初めて4年連続で5大ドームツアーに成功した。ファンの年齢層と地域性という「広さ」のかけ算が、コンサートの動員数を押し上げる。全国ツアーが開催地を潤し、地元に新たなファンを生む、というプラスの循環が今後も続きそうだ。

(企業報道部次長 松本和佳)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン