/

この記事は会員限定です

米州Frontline 大統領候補トランプ氏10の暴言、移民・宗教・女性差別

ワシントン支局 川合智之

[有料会員限定]

11月の米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は、暴言王としても知られる。普通の候補なら政治生命を絶たれるような発言でも、逆に支持率が上がり続ける。「米国を再び偉大な国に」とのスローガンを掲げるトランプ氏は、実際にはどんな発言をしているのか。主な10の「暴言」を取り上げる。

▼「メキシコが送りこむのは最高の人材ではない。多くの問題がある。麻薬を持ち込む。犯罪を持ち込む。彼らは暴行魔だ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン