スペシャル

フォローする

規格外のオコエ瑠偉、野球で奇跡生むロマンチスト
飛び立てスーパー18歳(上)

2016/1/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

甲子園の右中間を白球が抜けると、オコエ瑠偉の大きな体が一段と加速する。類を見ない広いストライドには日本人離れした野性味があふれている。

トップスピードに乗って三塁へスライディング。二、三塁間にかかるのは3歩もしくは4歩という説も。さすがに誇張とはいえ、印象はそれほど鮮烈だ。

プロでの目標はトリプルスリー

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。昨年夏、高校野球で一躍スターダムにのし上がった。

楽天のユニホーム姿で記念撮影するオコエ瑠偉。背番号はトリプルスリーへの思いも込めて「9」=共同

楽天のユニホーム姿で記念撮影するオコエ瑠偉。背番号はトリプルスリーへの思いも込めて「9」=共同

東東京大会では投手の足元を抜ける中前へのゴロで一気に二塁を陥れた。富山・高岡商との甲子園初戦。初打席で強烈なゴロを一塁手がはじく間に二塁を奪うと、三回には先頭打者として右中間への三塁打でチャンスメーク、打者一巡で回ってきた2死満塁で再び右中間三塁打を放った。1イニング2本の三塁打は49年ぶりのことだ。

続く愛知・中京大中京戦のハイライトは守備だった。初回2死満塁、誰もが抜けたと思った中堅左への大きな当たり。背走して最後の一歩でつかみ取り、大観衆を仰天させた。天性のスピードとそれを生かす的確な判断力にスタート。プロのスカウトたちは「プロでも捕れない」と称賛の声を上げた。

スピードだけではない。準々決勝の沖縄・興南戦では同点の九回、決勝の2ランを高々と左翼スタンドへ打ち込むパワーを披露した。遠投120メートルを誇る強肩で、たびたび好返球も。走攻守において、広い甲子園をこれほど小さく見せる選手もそうはいない。

楽天でスタートするプロでの目標に打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を掲げる。背番号「9」にもその思いを込めた。目指す選手は走が巨人・鈴木尚広、攻がヤクルト・山田哲人、守が元日本ハムの新庄剛志。「バランスの取れたオールラウンダー」ではなく、エキスパート3人を1人で兼ねようというわけだから志が高い。

楽天の新入団記者会見で球団歌を披露するオコエ=共同

楽天の新入団記者会見で球団歌を披露するオコエ=共同

際限なくあふれるエネルギー

「スカウト」などの著作があるスポーツライターの安倍昌彦さんはオコエを「ロマンチスト」と評する。例えば50メートル走5秒96というタイムだけなら、同等の能力を持つ高校生はいる。だが「そのスピードであり得ないことを引き起こしてやるという意欲を持った韋駄天(いだてん)は惜しいことになかなかいない」。

野手正面のゴロを打っても、大飛球が来ても、何かが起きると信じて全力で走るところに甲子園でのスーパープレーは生まれた。オコエの最大の魅力は「奇跡、つまり夢を信じる者だけが生み出す特別なパッション。計算から生まれるエネルギーは小さく、夢が生み出すエネルギーには際限がない」と安倍さんは続ける。

入団会見では楽天の応援歌を歌い、希望するニックネームを聞かれると「笑顔でいきたいと思うのでニコエでお願いします」と梨田昌孝監督のお株を奪うダジャレで返した。夏の子供のようなみずみずしさとエネルギーにあふれた18歳はこれからどれだけ、ファンを驚かせてくれるだろうか。

(吉野浩一郎)

 オコエ瑠偉(おこえ・るい) 1997年7月21日、東京都生まれ。ナイジェリア人の父と日本人の母を持ち、名前はサッカーの「ラモス瑠偉」に由来する。小学1年から野球を始める。関東第一高では2年春から外野手でレギュラー。2015年夏の甲子園では攻守に活躍しベスト4進出に貢献。18歳以下ワールドカップにも選ばれ準優勝。10月のドラフトで楽天から1位指名を受けた。右投げ右打ち。183センチ、86キロ。
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
瀬戸は6月の欧州遠征で自己ベストをマーク=共同共同

 12日に韓国・光州で開幕した水泳世界選手権。メダルラッシュが期待される競泳ニッポンは21日から登場する。競泳陣にとって、今大会は金メダルを獲得すれば来年の東京五輪代表に内定する、いわば五輪前哨戦。2 …続き (7/19)

2020年東京五輪のチケットの販売方法について発表する北島康介さん(東京都港区)=共同共同

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが、公式販売サイトで9日午前10時から始まる。1人が購入できるのは最大30枚で、申込期間は28日までの20日間と決して長くはない。今から観戦したい競技種目や日 …続き (5/2)

 卓球の世界選手権個人戦が21~28日、ブダペストで行われる。来年の東京五輪で悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、最強中国を相手に快進撃を続ける伊藤美誠(スターツ)が半世紀ぶりの、高校生になった張本 …続き (4/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]