2019年5月26日(日)

チャレンジ!パラスポーツ最前線

フォローする

境界越えプロが指導 ブラインドサッカー、注目の試み

(1/2ページ)
2016/1/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

「ようやく」というか、「ついに」というか。主に視覚障害者がプレーするブラインドサッカー日本代表の新コーチに昨年12月中旬、日本サッカー協会(JFA)のフットサル部門でテクニカルダイレクターを務める小西鉄平氏(38)が就任した。日本ブラインドサッカー協会(JBFA)からのお願いにJFAが応え、現職を兼任しながら、ブラサカの強化を手伝う。健常者スポーツの団体が、組織として障害者スポーツの選手強化に協力する、日本では初めての試みとみられ、注目されそうだ。

ブラインドサッカー日本代表の練習を見守る小西コーチ(右)

ブラインドサッカー日本代表の練習を見守る小西コーチ(右)

今までの延長線上では勝てない

ブラサカ日本代表は昨年9月に日本で開かれたアジア選手権で4位に終わり、上位2カ国に与えられるリオデジャネイロ・パラリンピック出場権を逃した。2020年東京大会での開催国枠での出場が、初めてのパラリンピックとなる。自国開催だからこそ、ぶざまな姿は見せられない。そこに向けて、どのような指導体制を敷くのか。JBFAが出した結論は、今までの延長線上では勝てない、ということだ。実は、これまでサッカー指導の専門家が、ブラサカ代表の監督になったことはなかった。

アジア選手権で日本代表の指揮をとった魚住稿前監督は体育教師で、盲学校に赴任した際にブラサカに出合って日本代表にも関わるようになり、12年に監督に就任。ただ、やっていたスポーツは陸上で、サッカーの経験はない。ブラサカの世界に長年浸ることで知識を積み上げ、4人の選手がダイヤモンド型に並ぶ守備陣形など日本のスタイルを築き上げた。それでも、課題の攻撃力の整備までは力及ばず、リオに届かなかった。魚住前監督の前の3人の代表監督も、少年サッカーの指導経験がある人が1人いるだけで、プロのサッカー指導者はいなかった。

選手にボールタッチの指導をする高田・ブラインドサッカー日本代表監督(右)

選手にボールタッチの指導をする高田・ブラインドサッカー日本代表監督(右)

今回、JBFAは「東京パラリンピックでメダル獲得」を目標に掲げ、それに向けた体制を構築するため、まず11月に新監督に高田敏志氏(48)を選任。高田氏は13年からブラサカ日本代表のGKコーチを務めていた。サッカースクール運営や指導者派遣の会社を経営しており、バイエルン・ミュンヘンやACミランなどでの指導者研修も受け、JFAのライセンスを持つ、プロの指導者だ。ただし、高田新監督の任期は16年10月末までの暫定。代表チーム部長も兼任し、20年まで指揮を任せられる、自分の後任を選ぶミッションも帯びている。リオを逃したからといって慌てて新監督を選ぶのではなく、5年後に向けて任せられる人材を、1年かけてじっくり選任するための「暫定」だ。

日本代表へ深い技術の浸透期待

その高田監督が小西氏を招いた。小西コーチが勤めるサッカースクール運営会社での指導ぶりに目をつけたのが4年前。小西氏はJFAでもフットサルの指導者養成に携わり、ミャンマー女子フットサル代表の監督、FリーグのU-23(23歳以下)選抜の監督もそれぞれ1年務め、実績が評価されて昨年4月からはフットサルテクニカルダイレクターを務めている。

JBFAがJFAに小西氏を名指ししてコーチ派遣を要請したのが10月のこと。JFAは4月に障害者サッカー支援のため、ブラサカのほか脳性まひ者サッカー、知的障害者サッカーなどの団体を集めた「障がい者サッカー協議会」を立ち上げており、おかげでコミュニケーションはスムーズにいった。JFAではフットサル部門の責任者、技術委員会、そして大仁邦弥会長の承諾を得て派遣を決定、今回の人事が実現した。高田監督は「ブラサカが認められた」と感謝する。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

障害者スポーツのコラム

20年東京五輪のコラム

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ!パラスポーツ最前線 一覧

フォローする
MWCCで初優勝を果たした男子日本代表

 車いすバスケットボール男子日本代表が6月8~10日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布)で行われた国際大会「三菱電機ワールドチャレンジカップ(MWCC)」で初優勝を果たした。2016年リオデジ …続き (2018/6/19)

合宿で練習する日本代表。日本でアイススレッジホッケーの灯を絶やさないためにも、平昌パラ出場は絶対条件だろう

 28日から北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、2018年平昌パラリンピック最終予選の出場権をかけたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部に相当)が開催される。
 10年バンクーバー・パ …続き (2016/11/24)

女子で16連覇しているオランダの牙城を崩すには上地の活躍が欠かせない

 車いすテニスの国別対抗戦ワールドチームカップが23日から28日まで、東京都江東区の有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われる。健常者テニスの国別対抗戦であるデビスカップ(男子)やフェドカップ(女子 …続き (2016/5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]