2019年5月26日(日)

チャレンジ!パラスポーツ最前線

フォローする

車いすテニス・国枝、重圧こそが競技続ける動機

(3/4ページ)
2016/1/7 3:30
保存
共有
印刷
その他

――プロになって正しかったか。

「まだわからない。ただ十分プロとして食べていくだけの収入は増えたし、今の段階ではプロになって良かったと心から思えているので、引退したときに本当に良かったと言い切れるよう、残りの選手生活をやっていきたい」

車いすテニスの会場を満員にしたい

「車いすテニスの会場を満員にしたい」と国枝は常々言っている

「車いすテニスの会場を満員にしたい」と国枝は常々言っている

――車いすテニスの会場を満員にしたい、認知してほしいと常々言っているが、人々の関心のレベルが上がったら、プロになって正しかったといえる基準になるか。

「十分なります。プロになったとき、ウィンブルドンで3000~4000人の大観衆の前でプレーする機会があり、立ち見も出るほど。自分がリードしていたが、まだ終わんなくていいぞ、相手粘っていいぞと思うくらい居心地良く、気持ちが良かった。大観衆の前でプレーすることはなんて素晴らしいんだろうという満足感があったので、そういった場を日本でもつくりたいなと思った。そこでやっている選手をみたら、多くの若い子たちに、僕もそこでやりたいと思ってくれるぐらい刺激的なことだろうと思うので、東京はビッグチャンス。20年だけじゃなくて、その前もその後もそういったチャンスを一つでも多くつくれるようにしたい」

――来年5月、有明コロシアムでの国別対抗戦をどういう大会にしたいか。

「20年のプレ大会にもなるし、多くのお客さんに足を運んでもらうことが成功につながる。運んでもらうために、僕がプレーする機会が多い方がいいので、一つでも勝ち進められるようにやっていきたい」

――自分が勝たないと車いすテニスが認知されない、勝つことで認知される。そこまで追い込まなくてもいいのではないか。

「でもマイナーなスポーツがメジャーになりうるきっかけはそこだと思う。今回もラグビーがそうだったじゃないですか。勝ったからこそ、というのがあると思うし。車いすテニスでも勝てば、国枝ってどんなプレーするんだろうと興味が生まれ、足を運んでいただけるきっかけにもなると思うので。勝つことは普及にもつながることだといつも思いながらやっている」

――国別対抗戦は入場料が無料だ。

「無料であっても有料であっても、まずは多くの人々に車いすテニスの最高レベルを見てもらうことが大事。そうすればおのずと伝わると思う。そのうち有料になるかもしれない。そうやっていかないと、スポーツって発展していかないので。より発展させるためには、ビジネスにもなりうるようなことも大事かなと思う」

道具の進化よりフィジカル鍛錬選ぶ

――フランスのウデが高価な車いすを作っている。

「1000万円以上もする道具を使ってプレーすることがいいことなのか。僕としては、あまりしたくない。僕も4年ぐらい前にカーボン製を作ろうかと思ったが、1000万円かかると聞いた。それを使って勝ったところで、いい車いすを使っているからでしょと思われるのがしゃくだったので、時代はそこまで行っていないと思ってとどまった。ウデはそれで競技力をあげることが競技の発展につながると思っているので、そこも意味としてはわかる。今の段階ではあまり使いたくないが、負け始めると使うかもしれない」

――国枝慎吾が車いすを乗りこなすんだ、国枝が車いすに乗りこなされるわけではない、という考えで車いすの改良に取り組んでいるのか。

「そうですね、実はここをこうしてくれと(車いすメーカーの)オーエックスエンジニアリングに多くをリクエストしたことはない。どちらかというと、100メートルを走るにしても、道具を進化させようとするより、フィジカルを鍛えて秒数を縮めたいと思うタイプ。そこにいつも力を注ぎ、何年もテニスやってきたという思いがある。人によってはすぐに車いすをどうこう、いじったりする人もいるのだけれど」

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

障害者スポーツのコラム

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ!パラスポーツ最前線 一覧

フォローする
MWCCで初優勝を果たした男子日本代表

 車いすバスケットボール男子日本代表が6月8~10日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布)で行われた国際大会「三菱電機ワールドチャレンジカップ(MWCC)」で初優勝を果たした。2016年リオデジ …続き (2018/6/19)

合宿で練習する日本代表。日本でアイススレッジホッケーの灯を絶やさないためにも、平昌パラ出場は絶対条件だろう

 28日から北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、2018年平昌パラリンピック最終予選の出場権をかけたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部に相当)が開催される。
 10年バンクーバー・パ …続き (2016/11/24)

女子で16連覇しているオランダの牙城を崩すには上地の活躍が欠かせない

 車いすテニスの国別対抗戦ワールドチームカップが23日から28日まで、東京都江東区の有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われる。健常者テニスの国別対抗戦であるデビスカップ(男子)やフェドカップ(女子 …続き (2016/5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]