スペシャル

フォローする

プロ10年目の五輪年 錦織圭、「大きな大会でV」目標

(1/3ページ)
2016/1/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

男子テニスの錦織圭(26、日清食品)は正月気分に浸る間もなく、3日にプロ10年目のシーズン初戦(ブリスベン国際=オーストラリア)を迎える。準優勝した2014年全米オープン以降、世界ランキングで10位以内を維持する「Kei」は、日本人として最も世界的な知名度とマーケット力を持つアスリートとなった。今季こそ手にしたいのは「マスターズ・シリーズ、四大大会、大きな大会での優勝」という。

完全オフ数日、練習は2週間余り

12月29日の誕生日は毎年慌ただしく迎えるが、とりわけ昨年末はせわしなかった。11月後半までツアーを戦って日本に帰国すると、待っていたのは数々のテレビ収録やイベント出演。12月に入ると、神戸のエキシビションツアーにセリーナ・ウィリアムズ(米国)らと出場した後、米国に戻ってマリア・シャラポワ(ロシア)主催のイベントに13日まで参加していた。完全オフは数日のみ、練習に費やせたのは2週間余りだった。

「動物園にいるライオンってこんな気持ちなのかな」。昨年10月の楽天ジャパン・オープンで、大勢のファンに追いかけられながらコートからコートへとカートで移動する気分を、錦織はこう表現した。それほどの騒ぎにはならないが、欧米での人気もなかなかのものだ。試合会場で「ニシクォリ」と叫んで寄ってくるファン、息子と一緒に写真を撮ってくれと頼む大企業幹部ら……。ここ1年ですっかり見慣れた光景になった。

テニスはハイクラスの人たちがたしなみ、観戦する競技として発展してきたスポーツである。欧米の大会で錦織らトップ選手のために用意されるアメニティー(おもてなし)は、日本のスポーツイベントでは見たこともないような豪華なものばかり。すっかりなじんでいる錦織を見ると、スケールの違いをまざまざと感じさせられる。

世界ランクで「この位置にもっといたいという気持ちは大きくなっている」と錦織

世界ランクで「この位置にもっといたいという気持ちは大きくなっている」と錦織

「14年の全米オープンくらいから、世界でもテンション(の高さ)を感じているので、これから何かが変わるというのはない」。期待の大きさ、責任の重さに窮屈な部分がないといったらウソになるが、それほど深刻に感じてはいない。期待を力に変えねばならないランキングにいるのは理解しており、「この位置にもっといたいという気持ちは大きくなっている」。

「アップダウンあっても盛り返せた」

13年前の渡米時、自信満々で「遠慮」という言葉を知らないかのような米国人たちに圧倒された。そのような姿は、今やどこにもない。「でもロッカールームでは基本、遠慮しているかな。リラックスはしています。みんな優しく接してくれるし」。錦織へのリスペクトがあるのだろう。

経済誌「フォーブス」によると、15年に最も稼いだアスリートランキングで錦織は92位(1950万ドル=約23億5000万円)。男子テニスではロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、アンディ・マリー(英国)の「ビッグ4」に次ぐ5番目だった。今季、そのビッグ4に食い込むためにも欲しいのが、大きな大会での勝利だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
今季は絶好のスタートを切り、体調の良さを感じさせるレブロン・ジェームズ=USA TODAYUSA TODAY

 米プロバスケットボールNBAの「キング・ジェームズ」が完全復活へ――。ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、レブロン・ジェームズが今季は絶好のスタートを切った。開幕直後から体調の良さを感じさせ、 …続き (11/18)

ロケッツ戦でハーデン(手前)とマッチアップした八村=共同共同


 ずっと、八村塁(ウィザーズ)の表情が硬かった。
 記者会見でも感情を消す。たまに頬(ほお)を緩めるが、それは愛想笑いに近い。かといって、ぞんざいに取材に応じるわけではない。
 「じゃあ、ここでやろうか」 …続き (11/11)

「(八村)塁さんのように日本を背負う選手になりたい」と田中

 史上最年少でバスケットボール男子の日本代表候補に選ばれた17歳の田中力が、留学先のIMGアカデミー(米フロリダ州ブラデントン)で2年目のシーズンを迎えた。「去年よりバスケがすごく良くなっている」と表 …続き (11/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]