/

この記事は会員限定です

馬雲アリババ会長、チャイナ・ドリーム生んだ2度の失敗

[有料会員限定]

アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長(51)は中国で最も有名で人気のある企業経営者の1人だ。三輪自動車の運転手や英語教師から中国一の富豪になったサクセスストーリーは文字通り「チャイナ・ドリーム」の体現者だが、道のりは平たんではなかった。

馬氏は文化大革命の嵐が吹き荒れる2年前の1964年に浙江省杭州市で生まれた。アリババで副社長などとして8年働いたポーター・エリスマン氏が最近著した「アリババ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2376文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン