/

この記事は会員限定です

馬雲氏が語るアリババの実像 「中国のもう一つの『地方省』」

[有料会員限定]

急拡大する中国のネット通販市場で圧倒的なシェアを持つアリババ集団。中国の消費市場取り込みを狙う日本や世界の企業にとっても存在感は高まるが、実像はベールに包まれている。創業者の馬雲(ジャック・マー)会長は日本経済新聞のインタビューに応じ、政府との関係、自身の後継問題などについて率直に語った。

――1999年に18人で始めたアリババはずいぶん大きくなりました。

「15年前に比べると大きくなったが、15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1978文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン