2019年2月16日(土)

核をめぐって日米すれ違い  60年安保への序曲(53)
特別編集委員・伊奈久喜

(1/2ページ)
2016/1/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1957年5月13日から14日にかけ、日本でも国際的にも核(原子力)をめぐる様々な動きがあった。平和利用にせよ、軍事利用にせよ、核保有国は核の有用性を確信し、唯一の被爆国日本は、平和利用のみを認める立場で米国などの保有国に立ち向かっていた。

■平和利用では一致

2011年3月11日の東日本大震災での福島第1原子力発電所の事件で急激に高まった現在の反原発の空気とは比べものにならない57年5月の空気が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報