/

この記事は会員限定です

大学の受験料、学生確保へ値下がり続く 併願割引も

[有料会員限定]

少子化で受験者数の減少が進むなか、大学は志願者の確保に懸命だ。受験料(検定料)については併願やインターネット出願などによる割引が広がりここ10年、緩やかに下がり続けている。大学によっては学部や入試方式などで受験料に違いがある。

学部や入試方式によって違う

国公立大学だけでなく、私立大学の志願者も含めて多くの受験生が臨む大学入試センター試験。2016年は1月16日と17日に実施されるが、受験料は2教科以下で1万2000円、3教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン