Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ジョコビッチも出資 テニス「丸ごとデータ化」日本上陸

(1/3ページ)
2016/1/3 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 男子プロテニスの錦織圭選手も認める異次元の強さを放つ、ノバク・ジョコビッチ選手。世界ランキング1位の彼が出資し、テニス界の「テクノロジー革命」として注目を集めるイスラエル発のサービスが日本に上陸した。

 「使ってみて正直、驚いた。携帯電話がガラケーからスマホ(スマートフォン)に進化した時と同じような感覚を味わった」

SmartCourtの構成。高精細のビデオカメラ6台とコートサイドの中央にキオスク端末が設置してある(画像:PlaySight)
画像の拡大

SmartCourtの構成。高精細のビデオカメラ6台とコートサイドの中央にキオスク端末が設置してある(画像:PlaySight)

 車いすテニスでシングルス世界ランキング1位の国枝慎吾選手など複数のプロ選手が練習拠点とする、千葉県柏市の吉田記念テニス研修センター。ここでアシスタントGM(ゼネラル・マネージャー)を務める吉田好彦氏は、テニス界で注目を集める“そのシステム”を使った感想をこう語る。

 そのシステムとは、イスラエルのベンチャー企業PlaySightが開発したテニス専用の映像解析システム「SmartCourt」。2015年11月第2週、日本で初めて吉田記念テニス研修センターに導入された。冒頭の吉田氏のコメントは、決して大げさではない。「アナログからクラウドの世界へ一足飛び」で進化するような体験がそこにある。

 テニス界では、たとえプロ選手のレベルであっても、プレーデータの記録はいまだに手書きの場合が多い。「通常、ラリーの回数も選手が声を出して数えている」(吉田氏)。SmartCourtを使うとコート上のプレーデータはすべて自動で記録され、ビデオや3DのCG(コンピューターグラフィック)映像ですぐに確認できる。テレビでテニスの試合を見ている際に表示される各種のデータ(スタッツ)が、一般のプレーヤーであっても即座に入手できる。ラリーの回数などのデータが自動で記録されることで、選手がプレーに集中できるようになるという。

PlaySightのChen Shachar CEO(一番左)と吉田記念テニス研修センターの吉田宗弘理事長(左から2番目)ら。2015年11月18日撮影(写真:吉田記念テニス研修センター)
画像の拡大

PlaySightのChen Shachar CEO(一番左)と吉田記念テニス研修センターの吉田宗弘理事長(左から2番目)ら。2015年11月18日撮影(写真:吉田記念テニス研修センター)

 実は、PlaySightが注目を集める理由がもう一つある。男子シングルスの世界ランキング1位にして、2015年は公式戦で81勝6敗と“無敵”の強さを誇ったノバク・ジョコビッチ選手や、女子テニスの名選手だったビリー・ジーン・キング氏などが出資しているのだ。ジョコビッチ選手はSmartCourtについて「スポーツの世界に革新をもたらす技術だ。膨大なデータを取得して自分のゲームの分析や改善をサポートしてくれる」とコメントしている。

■6台のカメラとキオスク端末で構成

SmartCourtの画面例
画像の拡大

SmartCourtの画面例

 SmartCourtは、6台の高精細ビデオカメラと1台のキオスク端末で構成される。カメラはベースラインの後方にそれぞれ3台ずつ設置。カメラでプレーヤー(最大4人)とボールの動きを捉え、その映像をコートサイドの中心に設置したキオスク端末に送ってプレーを解析する。

 取得できるデータの種類は多い。サーブのスピード、スイングの種別(フォアハンド/バックハンド)、ストロークにおけるボールのスピードや回転、コート上のボールの着地点、など。さらに選手の走行距離や消費カロリーも算出する。

 キオスク端末は試合中、スコアボードとして使えるほか、まるでプロの試合のようにボールがインか、アウトかという「ライン判定」もしてくれる。PlaySightによると、ライン判定の精度は約95%。吉田氏は「現状、精度についてはまだまだ調整が必要だが、使っていくうちにアジャストすると聞いている」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2017年7月には米オークリーと提携し、ZERO1の前面に取り付けて目を守る「EDGEシールド」を発表(写真:VICIS)

大学発「軟らかいヘルメット」 脳振とう問題に光明か

米国では近年、スポーツにおける「脳振とう」とそれに起因する障がいが社会問題となっている。この問題の渦中にいるのは、選手同士の激しいぶつかり合いが魅力でもあるアメリカンフットボールだ。…続き (9/25)

日立製作所の笠戸事業所で相鉄20000系を製造している様子(資料:相模鉄道)

相鉄・東急直通線向け新型車 10cm細いボディーに個性

 2022年度下期開業を目指して新線建設工事が進む「相鉄・東急直通線」。相模鉄道(相鉄)は、東急東横線・目黒線を経由して渋谷・目黒方面と直通するこのルートを走る新型車両「20000系」を公表した。車体…続き (9/22)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動
  • AIとIoTのエンジニア不足が深刻化、国が育成に本腰
  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト