/

この記事は会員限定です

知的財産も爆買い 半導体の「飢えた虎」

(中国と世界)

[有料会員限定]

「大国」へと突き進む中国が世界であつれきを生んでいる。独自の行動原理は既存の国際秩序と相いれず、景気減速下での経済改革は時として市場を揺るがす。膨張を続ける中国の実像に迫る。

「まず3000億元(約5.6兆円)ほど集める。カネがないと買収のチャンスを逃すだろ」。世界のハイテク産業で「中国の飢えた虎」の異名をとる趙偉国氏は北京のオフィスでまくし立てた。

趙氏は清華大学が出資する紫光集団の董事長だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン