メジャーリポート

フォローする

大リーグ、ウインターミーティングの悲喜こもごも
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2015/12/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

道路を隔てて反対側のホテルに泊まっているというのに、米大リーグ各球団の首脳ら関係者が一堂に会するウインターミーティングの会場となったホテルのロビーまでは、歩いて15分もかかった。

今年は7日から4日間、米テネシー州ナッシュビルで開かれたが、会場のホテルが何しろ広い。客室数は約3000。17ものレストランがあり、敷地面積は40エーカー(東京ドーム約3.5個分)というから、歩き回っているうちに、夕方には脚がくたくたになる。

そのウインターミーティングの朝は早い。まだ吐く息が白い時間にホテルを出ると、会場へ向かう唯一の信号の前には、方々からバックパックにスーツ姿というアンバランスな格好の若い人たちが集まってくる。

向かう先は同じ。ウインターミーティングでは「ジョブフェア」という、一種の合同就職面接会が行われ、メジャー、マイナーリーグの各球団が求人を出す。スーツ姿の若い人たちは、200ドル(約2万4000円)の会費、宿泊・交通費を自己負担して、それに参加するわけだ。

バーで酒酌み交わし交渉は今や昔

もちろんウインターミーティングといえば、トレードやフリーエージェント(FA)選手との交渉の場というイメージが強く、その動向があくまでも主役。各球団のゼネラルマネジャー(GM)、代理人らが集まり、トレードの交渉、FA選手獲得に向けての動きを本格化させる。今や、携帯電話はもちろん、Eメールやテキスト(ショートメッセージ)などでも簡単にコミュニケーションが取れるが、昔同様、GMらがそれぞれの部屋を行き来しながら話をまとめるパターンは健在だ。

ちなみに、各球団のGMがホテルにチェックインすると、鍵と一緒に渡されるのは、他の球団がミーティングに使用する部屋番号と直通の電話番号が書かれたメモだという。だいたい同じフロアであることが多く、記者などにばれずに交渉が進められるという配慮がうかがえる。

もっともかつては、まるで事情が違ったそうだ。

有名な話だが、1975年に行われたウインターミーティングでは、ホワイトソックスのビル・ベック・オーナーがホテルのロビーに机を置き、サインを掲げた。

「Open for business」。意訳すれば「いつでも話し合いに応じますよ」といったところだろうが、それぐらいオープンだった。

15年ぐらい前までは、ホテルのバーでGMらが酒を酌み交わしながらトレードをまとめる、ということもあったというが、今や800人近いメディアが押し寄せる。それでは情報が筒抜けになってしまうため、昔ながらの光景は見られなくなった。

脱線ついでにエピソードをもう一つ。

2011年にエンゼルスがアルバート・プホルスと10年総額2億5400万ドルの契約を交わしたが、あのときエンゼルスのGMだったジェリー・ディポト氏(現マリナーズGM)は秘密裏に代理人と接触するため、従業員らが使うサービス用のエレベーターで移動していたという。昨年12月9日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがそのことを伝えていた。

履歴書を100通用意、求人チェック

さて、就職活動をしている学生らの置かれた状況はといえば、そんな札束が飛び交う華やかな世界とは対照的。プホルスは月に200万ドルを稼ぐ契約をウインターミーティングで決めたが、若い彼らは月に200ドルの仕事でもあれば受け入れる。いや、それでもいい方。求人には無給のインターンシップも少なくない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
19日のアストロズ戦でサヨナラ負けし、引き揚げるヤンキース・田中(奥右)=共同共同

 「なかなか今、終わったばかりなので、終わってしまった実感が湧かないというのが自分の正直な気持ちです……」
 戦いを終えて、ヤンキースの田中将大はそう言葉を絞り出した。メジャー6年目だが、これほど悔しそ …続き (10/21)

チームメートにシャンパンをかけられるヤンキースの田中。ポストシーズンでの投球が注目される=APAP

 9月19日、ホームでのエンゼルス戦に勝ったヤンキースは、イチロー、黒田博樹らが属した2012年以来、久々のア・リーグ東地区制覇を果たした。シーズン中盤以降は、2位以下を大きく引き離しての独走優勝。そ …続き (9/23)

18日のホワイトソックス戦では外角に逃げる変化球を捉え、右手1本で中堅越えの本塁打を放った=共同共同

 昨季は8月に6本塁打をマークした米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。投手の疲労が蓄積している夏場に本塁打量産も期待されたが、22試合で1本と伸び悩み、ここまで16本塁打にとどまっている。残り30試合を …続き (8/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]