/

この記事は会員限定です

米ジャンク債、消えない混乱の火種

米州総局 山下晃

[有料会員限定]

債券ファンドの突然の清算表明をきっかけに、先週末の市場で売り圧力が一気に高まった米低格付け社債市場。週末をまたいでも動揺は収まらなかった。「セリング・クライマックス(売りの最終局面)はまだ迎えていない」(米ヘッジファンド投資の運用者)と、市場参加者は身構える。

14日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が前週末比103ドル高で終えた。午前には一時、100ドルを超える下げを記録する場面もあったが、原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン