/

この記事は会員限定です

「欧州の難民対策、古代ローマの中途半端なまね」

塩野七生氏が語る世界と日本(3)

[有料会員限定]

『ギリシア人の物語I 民主政のはじまり』(新潮社)を書き上げた作家、塩野七生さんへのインタビュー3回目は、イスラム世界や欧州の難民問題などについて聞いた。

――古代ギリシャ人はまさに民主政の創始者です。民主主義はポピュリズム(大衆迎合)に陥る危険性もあります。いつの世も民主主義が機能するためには何が必要なのでしょうか。

「私は民主主義という言葉を極力使わないようにしています。民主政という言葉を使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン