ING Bankなど121億円を融資、大分のメガソーラー計画

2015/12/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本ソーラーサービシズ合同会社(東京・港)は2015年12月8日、大分県でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業に対し、ING Bankをシニアレンダーとする総額121億円のプロジェクトファイナンス契約を締結したと発表した。ING Bankは、オランダ系の国際的な総合金融機関INGグループの中核企業。

計画しているメガソーラーは発電容量33MWで、2016年の第1四半期に建設を開始し、2018…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]