/

この記事は会員限定です

R&Dの雑務を追放 機器管理、まるごと引き受け

[有料会員限定]

米計測機器大手、アジレント・テクノロジーの日本法人(東京都八王子市)が日本の企業や大学の研究施設から機器の保守管理などを丸ごと請け負うという新しいサービスを始めた。相手先の研究施設に技術スタッフを常駐。機器を修理したり付属の消耗品を調達したりする。他社の実験装置も修理を引き受け、研究者が仕事に専念できる環境づくりを支援するサービスとして売り込む。築いた関係を生かし自社製品の長期の販売にも役立てる戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン