/

この記事は会員限定です

動き出した厚労省 遺伝子検査ビジネスの行方

編集委員 永田好生

[有料会員限定]

遺伝子配列の違いを基に個人の体質を調べる「遺伝子検査ビジネス」を巡り、適切なルールを設ける議論が続いている。ディー・エヌ・エー(DeNA)やヤフーなどネット関連企業の参入で注目度は高まったが、医療との境界が曖昧でトラブルが生じた際のルールがはっきりせず、医療関係者に不満がくすぶっている。厚生労働省を事務局に今秋から遺伝情報を扱う制度の検討が始まり、事業環境は2016年以降、大きく変わる可能性が出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン