/

この記事は会員限定です

大内・神戸大教授「転職可能な力を身につけるべき」

老いに克つ(1)

[有料会員限定]

65歳までの希望者の雇用を義務付けた改正高年齢者雇用安定法が施行されて2年半余が経過した。定年制の意義や正社員のあり方は今後どう変わっていくのか。神戸大学大学院法学研究科の大内伸哉教授(52)に聞いた。

プロ型のニーズ高まる

――正社員のあり方はどう変わっていくのでしょうか。

「定年制の意義そのものが変わり、定年までの雇用保障を軸とした日本型システムが変容することが予想される。それは実力主義への移行を意味する。伝統的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン