/

フィギュア羽生、「世界最高」の先へ 圧倒的強さ求め

11月下旬に行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯を制し、羽生結弦(21、ANA)がGPファイナル(12月10~12日、バルセロナ)に進出した。ショートプログラム(SP)、フリー、合計の全ての得点で世界最高をマーク。その強さは、2006年トリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(33、ロシア)と姿がダブる。子供の頃から憧れ、今も理想とする「皇帝」の足跡をたどるように、羽生は「王者」への道を歩んでいる。

高い出来栄え点、2位以下引き離す

「会場にいた人みんなが歴史的な演技の証人だよ。この記録(322.40点)を破るとしたらユヅ、彼自身しかいないんじゃないか」。フリー演技後、ブライアン・オーサー・コーチが興奮さめやらぬ様子で話した。米テレビ局NBCのリポーターとして、もう一人のコーチ、トレーシー・ウィルソンさんも来ており、リンクサイドで観戦。最後のステップが始まるころには何か叫びながら手をたたき、跳びはねていた。

GP初戦のスケートカナダはSP(6位)で出遅れて2位に終わり、「謙虚になれた」とオーサー・コーチ。そこから約1カ月、しっかりと練習を積んできた。GPシリーズは勝負の場ではあるが、シーズン途中のプログラムの仕上がりを探ることが優先するので、のびのびとした演技になりやすい。さらに地元大会で日本勢に点が出やすかった。様々な好条件がそろってはいたが、ほかの国でやっても300点台は余裕で出ただろう。

4回転ジャンプをSPで2回、フリーで3回決めたことが話題になったが、フリーの技術の基礎点だけなら金博洋(中国)を2.99点しか上回っていなかった。金は4回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプを世界で初めて決め、SPとフリーで計6度の4回転ジャンプに挑んだ。ところが技術点で20点以上の大差がついたのは、羽生の出来栄え点(GOE、3点満点)が高かったからだ。

ジャンプのGOEは1.7点や1.9点がついたら、「おー、いいジャンプ」という感じで、女子では1点台後半のGOEを目にする機会がほとんどない。「よいしょ」という声が聞こえてきそうな、構えてから跳ぶようなところが一切ない羽生は、複雑なステップから入るジャンプもあって評価が高かった。フリーの8つのジャンプのGOEは最低が1点で、6つが1.5点以上を獲得し、うち4つは2点を超えた。

完璧主義者もさすがに「フワフワ」

演技構成点は9審判中6人が10点満点をつけ、最も低かったのは9.25点。点数が出にくい「技と技のつなぎ」の部分だけは9.5点を切ったが、ほかの要素は全て9.5点以上をたたき出した。羽生はドラマチックな見せ場のある曲をよりドラマチックに表現するのが非常にうまい。フリーの曲、映画「陰陽師」のテーマ「SEIMEI」はこれまで用いたものと曲風が違い、羽生の個性に合っている。「振り付け」「曲の理解」への評価はそれぞれ9.82、9.89点。ほぼ満点といっていい。

現在、このレベルの演技ができるスケーターは世界にも見当たらない。オーサー・コーチらの喜び方も決して大げさではないだろう。

わずかな得点の取りこぼしも非常に悔しがる。悔しがりすぎではないか、もう少し前を向いてもいいのに……周りをそう思わせるのが羽生だ。そんな完璧主義者もさすがにこの得点には舞い上がり、「フワフワ」していたという。試合後は驚くほどハイテンションで語り、「すみません。まとまらない」の言葉で記者会見を終えた。自身をそれほどにしてしまう完璧な演技だった。

羽生を「絶対王者」と呼ぶ声が聞こえるようになってきた。本人は少し不愉快らしい。「(絶対王者には)別にこだわっていませんよ。自分が言い出したわけではないし。僕にとって理想の王者はプルシェンコだけれど、彼が絶対王者かというと違う気がするし」

プルシェンコはジャンプをいつも正確に跳び、オーラがある。羽生の物心がついてから、とりわけ02年ソルトレークシティー五輪から06年トリノ五輪にかけてが無敵の絶頂期だった。決して踊りが上手な選手ではなかったが、迫力を前面に出して演じる。04年の新採点方式導入で演技構成点が大きな比重を占めるようになり、ジャンプがトップクラスでなくても世界選手権を勝つ選手が出てくるようになった。回転不足などのミスへの減点が厳しくなり、4回転ジャンプを回避する選手が増えるなか、プルシェンコは一貫して跳び続けた。優勝したトリノ五輪では、2位以下とは組み込んだ技と完成度が別次元だった。

自身の色見つけ、唯一無二の存在に

「僕はプルシェンコのような(タイプの)選手になりたいわけではない。彼のような唯一無二の存在になりたい」と羽生は話す。そして、「NHK杯では僕自身の色を見つけられたかな」。

羽生の色。それは、圧倒的な強さではなかろうか。演じるという面ではプルシェンコと少し似ていて、演技力だけならほかに上手な選手もいる。だが、技術点では他の追随を許さない。相手をひれ伏せさせるような強さがある。その道を追求するのなら、行き着く先は4回転ジャンプを極めるところにあるのだろう。NHK杯ではシニアデビューしたばかりの18歳、4回転ジャンプだけなら現在ナンバーワンであろう金博洋が話題を集めた。羽生は「関係ない。僕は僕ができる演技をする」と言ったものの、かなり意識はしていた。

出遅れたスケートカナダのSPで羽生は4回転ジャンプを1つしか入れなかったが、金は中国杯でもNHK杯でも2度ずつ成功させた。NHK杯では2度跳んだ羽生は「SPで100点を超えるのに4回転が絶対2つ必要か、といえばそうではない。でも2つ入れても失うものは何もない。どう選択するかも選手の個性」と説明した。

「僕にとって4回転は特別なジャンプじゃない。フリーで跳ぶのは4度で十分かな。体への負担が大きいから」と話す金に対し、羽生は「僕は4つで十分とは思わない。日々成長して、自分の限界を超えるのが楽しみ」と言う。金はルッツ、サルコー、トーループと3種類の4回転をプログラムに入れる。羽生は現在、サルコーとトーループだけで「ループもやりたいと思っていたけれど、(本番では)できなかった」。練習では跳べることもあるが、まだ確率が高くない。

羽生の得点はどこまで伸びるのか、と期待でワクワクするファンも多いだろう。ただ、オーサー・コーチはNHK杯の内容・出来栄えを喜ぶと同時に、「これからは大変でもある」と頭を抱えていた。最高の演技は年に何度もできるものではない。NHK杯のイメージにとらわれすぎて、それがプレッシャーになるかもしれない。そこは羽生自身も認めるところだ。

負担大きい4回転、心配な健康面

しかし、何より心配なのは健康面ではなかろうか。羽生は決して体が強い方ではない。風邪を引いたり、ねんざをしたりすることも多く、昨季は予期せぬケガをした後、病気で入院までした。身長168センチで細身の金が指摘するように、4回転ジャンプの体への負担は大きい。本番で安定してジャンプを入れるためには、それなりの数を練習でも跳ばなければならないので大変だ。

オーサー・コーチは頑張りすぎる羽生をセーブさせることにも心を砕く。金妍児(キム・ヨナ、韓国)の例もある。金はどうしてもトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳びたがったが、練習すると必ず膝を痛めた。オーサー・コーチは腰に持病もあった金に負担の大きいジャンプを断念させ、持てる技を磨くように説得した。

羽生は難度を落としても十分に金メダルが狙える選手だけに、リスクが高すぎる挑戦はさせたくないはずだ。羽生がおとなしくコーチの言う通りにするとは思えないが、あふれる才能と技を極めたいという本能に体がどこまで耐えられるか。練習量のさじ加減、心と体の会話が今後のポイントになるかもしれない。

(原真子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン