/

この記事は会員限定です

国交省、免震材料の大臣認定に実地検査導入

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

東洋ゴム工業の免震材料の性能改ざん問題を受け、国土交通省は免震材料の国土交通大臣認定の審査体制を強化する。免震材料のメーカーが大臣認定を受けようとする場合には、指定性能評価機関の評価員がメーカーの工場などに出向き、製品の品質検査や品質管理体制などを実地確認することを原則とする。

特に5年以内に認定取り消し処分を受けた申請者を「重点確認対象者」と規定し、検査項目やサンプル数を増やして厳格に審査する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン