2度目のノーベル賞に挑む 梶田氏、次は「重力波」
"幽霊粒子"ニュートリノを追って~梶田隆章氏の軌跡(下)

(1/2ページ)
2015/12/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 10日、素粒子「ニュートリノ」の研究でノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章だが、けして順風満帆に研究者の道を歩いてきたわけではない。大学受験では第1志望だった京都大学に不合格、研究者になった当初もポストがなく苦労した。一方で高校・大学時代は弓道に打ち込み、全国大会にも出場。弓道を通じて、妻の美智子にも出会った。そして今、神岡から新たなノーベル賞を生もうと、アインシュタインが予言した「重力波」の観測…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]