メジャーリポート

フォローする

日米で違う野球監督の重み 「あり方」に正解なく
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2015/12/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

11月28日、松山市内のホテルで昨年9月2日に他界された上甲正典さん(愛媛・済美高野球部監督、享年67)を「偲(しの)ぶ会」が行われた。ちょうどその日、会の発起人の一人でもある高知・明徳義塾高野球部の馬淵史郎監督が、60歳の誕生日を迎えた。

会が終わって上甲監督の長女・夕美枝さんらと夕食をとったあと、上甲監督のいきつけの店で、馬淵監督らが先乗りしている「メンバーズルーム・律」へ向かう。道すがら、何か還暦のお祝いをと話していると、上甲監督の同級生で馬淵監督とも交流のあった方が、「なら、俺が」とスポンサーに名乗り出た。

大リーグで監督は中間管理職程度

結果、赤い靴下から赤いマフラーにアップグレードされ、「律」に着いて夕美枝さんが手渡すと、馬淵監督の表情が決して甲子園では見られないほど緩む。包みの中から出てきたマフラーを手にすると、どこからともなく「馬淵、試合で巻(負)けよ」と縁起の悪い言葉が飛び交ったが、あの馬淵監督に「馬淵!」と言える人が、そこかしこにいて言葉を失った。

もちろん、親しみを込めて。例えば、宇和島の上甲監督の同級生は、馬淵監督の若い頃から知っている。そして、上甲監督とのライバル関係も。上甲監督が亡くなった今、「おまえに上甲監督の分まで頑張ってほしい」とサポートを惜しまない。

「律」にそろっていたメンバーの顔ぶれにも目を見張った。馬淵監督の他、智弁和歌山高の高嶋仁監督、長く鳴門工高(現鳴門渦潮高)を率い、今年から母校・早稲田大の監督に就任すると春・秋リーグ連覇を成し遂げた高橋広監督ら、そうそうたる面々がボックス席で小さなテーブルを囲んでいる。上甲監督がどういう世界に身を置いていたのかがうかがえたが、その様は圧巻だった。

監督という重責を正面から受け止める重厚な存在感が漂う。もちろん彼らはいずれも別格の部類といえるが、日本ではプロ野球の新人監督にしても、監督という肩書の持つ重みは大リーグのそれと比べて大きいように映った。

そう、今回、日本と米国では監督に対する認識が違うことを実感した。どうだろう。日本において監督が現場のトップなら、大リーグの監督は中間管理職程度の感じではないか。

監督からスカウト転身も日常茶飯事

今年、楽天イーグルスで三木谷浩史オーナーの現場介入が話題になったが、大リーグでは珍しいことではない。例えばマリナーズなら、8月終わりに解雇されたジャック・ズレンシック・ゼネラルマネジャー(GM)が試合前、監督室に入って出ていった後にラインアップが変わることが度々あった。マリナーズではまた、試合中にハワード・リンカーン最高経営責任者(CEO)、チャック・アームストロング社長(すでに引退)らが、ズレンシックGMを使って監督にメモを差し入れるということが常態化していた。2013年限りで退団したエリック・ウェッジ元監督が、「よくそういうことがあった」と地元紙に証言した。

ただ、そうなると選手も納得がいかない。その日、スタメンで使うと言われていたのに、気づくと名前が消えているのである。監督に説明を求めても要領を得ない。監督にしてみれば、仮にバレていても、上に言われたからとは決して言えない。かといって、上に逆らうこともできない。マイケル・ルイス著「マネー・ボール」の中でも、アスレチックスのビリー・ビーンGM(現編成本部長)が監督に対し選手起用に口を出す状況が詳しく描写されている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

プロ野球コラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
19日のアストロズ戦でサヨナラ負けし、引き揚げるヤンキース・田中(奥右)=共同共同

 「なかなか今、終わったばかりなので、終わってしまった実感が湧かないというのが自分の正直な気持ちです……」
 戦いを終えて、ヤンキースの田中将大はそう言葉を絞り出した。メジャー6年目だが、これほど悔しそ …続き (10/21)

チームメートにシャンパンをかけられるヤンキースの田中。ポストシーズンでの投球が注目される=APAP

 9月19日、ホームでのエンゼルス戦に勝ったヤンキースは、イチロー、黒田博樹らが属した2012年以来、久々のア・リーグ東地区制覇を果たした。シーズン中盤以降は、2位以下を大きく引き離しての独走優勝。そ …続き (9/23)

18日のホワイトソックス戦では外角に逃げる変化球を捉え、右手1本で中堅越えの本塁打を放った=共同共同

 昨季は8月に6本塁打をマークした米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。投手の疲労が蓄積している夏場に本塁打量産も期待されたが、22試合で1本と伸び悩み、ここまで16本塁打にとどまっている。残り30試合を …続き (8/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]