小断面トンネルで外殻、地下に大空間を施工する新工法

2015/12/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大成建設は、小断面の円形シールドトンネル(以下、シールド)で外周構造を構築して大断面の地下空間を施工する「リボルバー工法」を開発した。2015年9月に国土技術研究センターから建設技術審査証明を得た。地下に整備する高速道路の分岐・合流部などでの活用を見込む。

開発した工法では、まずは地下に建設する最終構造物を囲む構造体を2段階のシールド工事で構築する。最初に施工するのが、先行シールドだ。内径2m程…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]