/

この記事は会員限定です

原発三国志 三菱重工に立ちはだかる新興中国

[有料会員限定]

三菱重工業が、国境をまたいだ原発市場の三角関係に揺さぶられている。協力関係にあるフランスの原子力複合企業、アレバへの救済出資に、新興中国勢が割りこんだ。巨大な中国市場と、格安な原発に引かれ、アレバは中国に接近する。原発輸出という「国策」を背負う三菱重工は難しい選択を迫られている。

アレバ救済へ3トップ会談

10月初め、皇居を望む東京都内のホテルの一室に3人の男が集まった。三菱重工社長の宮永俊一、アレバ会長のフィリップ・バラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン