仲間とぶつかり個性磨く 女子サッカー・増矢理花(中)

2015/12/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の増矢理花は、2006年春に開校した日本サッカー協会(JFA)アカデミー福島の3期生にあたる。フランスを見習って設立されたこの学校から、代表監督の眼鏡にかなう選手が少しずつ出てくるようになった。増矢の成長は、エリートを育てようというサッカー界の試みの成果でもあるわけだ。

親の勧めのまま、流れのまま道は決めたらしい。「新しい友達をつくるのは得意でなく、うまい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]