/

この記事は会員限定です

マネックス松本社長「新たな投資家向けサービス作る」

[有料会員限定]

マネックスグループとクレディセゾン、米系運用会社バンガードグループは30日、共同出資の資産運用会社を設立したと発表した。新会社は個人が資産運用を金融機関に一括して任せる「ラップ口座」で、少額から投資でき、コストも低いサービスを来春に始める。都内で記者会見を開いたマネックスの松本大社長は「デフレからインフレとなる中、新たに投資家層となる顧客に向けたサービスを作りたい」と語った。主なやり取りは以下の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン