「iPSも海外が奪う」 先駆者ペプドリ社長の警告

(1/3ページ)
2015/12/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 技術系の東大発ベンチャーの中でも「最も成功した」と語られる企業がペプチドリームだ。治療薬のない病気に対する薬を作り出す特殊ペプチドの技術を、スイスのノバルティスなど国内外の大手製薬会社に提供して着実な成長を遂げた。失敗するリスクが高いといわれるバイオベンチャーの中でどう独自の地位を築き上げたのか。独創的な事業モデルがなければ「iPS細胞のビジネスも海外勢に奪われる」と警告する窪田規一社長(62)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]