/

この記事は会員限定です

突然の死、知っておくべき「デジタル遺品」の扱い方

[有料会員限定]
 事故などに巻き込まれ急死すると、故人がネット上や端末に残したデジタルデータに遺族がアクセスできず困窮する事態が起こりうる。パソコンやスマートフォン(スマホ)が普及し、世代を問わずデジタル機器を積極活用している人が増えた今、「デジタル遺品」の取り扱い方は誰もが無関係ではない。新たな社会問題になりつつあるデジタル遺品の課題と対策を探った。

愛知県岩倉市、閑静な住宅街の一角。名古屋大学法学部に通い、国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン