/

この記事は会員限定です

欧州Inside ローマ帝国「衰亡史」から欧州が学ぶべき教訓

ブリュッセル支局 森本 学

[有料会員限定]

「ローマ帝国をみればわかるように、国境がしっかり守られなければ、大きな帝国は衰退する」。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は11月27日、オランダのルッテ首相の発言を報じた。18世紀の歴史家ギボンが古典的著作「ローマ帝国衰亡史」で描いたように、異民族の侵入が巨大な領土を誇った帝国の滅亡をもたらした。同様に難民危機やテロの脅威に苦しむ欧州が、域外との国境管理をしっかり守れなければ、欧州26カ国を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン