/

この記事は会員限定です

田中良和グリー会長兼社長「日本の税制、人材確保でも不利」

税金考

[有料会員限定]

――IT企業の立場で、日本の税制をどう評価していますか。

「IT企業の場合、米国企業との競争になることが多い。税金の面でも同じような競争環境を確保できないと、やっぱり海外企業に勝てないという現状がある。まずは法人税の問題。日本の多くの企業の場合、負担率は約33%の法定実効税率に近い。米企業は税率が低い国に拠点を設けるなどして節税を駆使している。法人税負担は実質で10~20%程度といわれる。自国に税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン