/

この記事は会員限定です

獺祭の窮地を救った「3つの数字」 桜井博志・旭酒造社長

[有料会員限定]
日経ビジネスアソシエ
 仕事の成果を上げるには、「数字力」と「エクセルの活用」が欠かせない――。それを体現しているのが、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる旭酒造だ。杜氏の経験や勘に頼る「伝統的な日本酒造り」を捨て、エクセルを使った数値管理を現場に取り入れ、大きな成果を上げた。"瀕死状態"から劇的な復活を果たした同社の桜井社長が、「3つの数字」の秘密を語る。

「守り」の数字

数字をエクセルに手入力 財務状況を体で覚える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン