/

この記事は会員限定です

私を"出禁"にした社長と法廷で争う ロッテ長男告白

[有料会員限定]

ロッテグループの中核企業であるロッテホールディングス(HD)の副会長を解任された創業者長男の重光宏之氏(61)が、佃孝之社長とロッテグループ4社を相手に損害賠償請求を起こした。日韓のロッテグループを掌握しているのは、創業者二男の重光昭夫氏(60)と見られているが、創業者の重光武雄氏(93)もロッテHDの代表権をはく奪されたことに反発して、二男を糾弾している。「創業者・長男」対「二男・ロッテ経営陣」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4056文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン