2019年2月16日(土)

吉野家、もうかる牛丼店作りを研究する「実験店舗」

2015/11/24 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

吉野家ホールディングスが水面下で、ある「実験店舗」の準備を進めている。使い勝手のいい調理器具、商品を提供しやすいカウンター――。非効率さが残る店内オペレーションを見直し、もうかる店に変える研究の一環だ。2015年度予想の売上高経常利益率は牛丼大手3社の中では最も低い。老舗が復活する足がかりとなるか。

実験店舗は2016年2月期中に開設する。高齢の店員でも無理なく扱える煮込み釜、「牛すき鍋膳」など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報