隈研吾氏ら、炭素繊維ロッドで初の耐震補強

2015/11/21 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

染色大手の小松精練(石川県能美市)は、同社が開発した炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を耐震補強材として使用した展示施設「fa-bo(ファーボ)」を2015年11月13日に公開した。繊維産業や同社の取り組みを紹介する施設として小松精練の旧本社棟を改修したもので、炭素繊維ロッドを耐震補強に活用した建築改修としては世界初となる。

カボコーマ・ストランドロッドは、芯材となる炭素繊維の束に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]