/

この記事は会員限定です

釣りバカ編集者の新天地

老いに克つ(5)

[有料会員限定]

国民的ヒット作の人気漫画「釣りバカ日誌」。実は主人公のハマちゃんこと浜崎伝助氏のモデルになった人物がいる。元小学館編集者の黒笹慈幾氏(65)だ。3年前の定年退職を機に家族で高知に移り住んだが、地方移住の理由は「釣り」だけではなかった。40代のある「事件」が、第2の人生を考える転機となった。

大病で人生見直す

「そりゃあ、釣り場がたくさんあるからでしょ。ここは釣り天国ですから」。黒笹氏は高知を選んだ理由についてこう話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン