/

[FT]豆の不作、価格急騰で揺れるインドの食

インドが「ダール(豆)ショック」に襲われている。同国の消費者の多くが重要なたんぱく源とする豆が不足し、価格が急騰しているのだ。

ムンバイで家事代行をなりわいとするプシュパ・クード氏は「ダール(エンドウ豆を2つに割って乾かしたスプリットピーやレンズ豆など)は、菜食者のたんぱく源だ」と語る。「一般の人々や路上生活者が朝夕口にするのは豆や米だけだ。それより高価な食料を買う余裕はない」

ひよこ豆の取引価格は史上最高値に

インド南部バンガロール郊外で豆を栽培する農家

エルニーニョ現象でモンスーンの季節に通常より雨が少なかったため、豆の主要生産地の降雨量は40%減少した。

2015年に国内で生産された食用豆は前年比で約13%減り、オンライン商品取引所のインド国立商品・デリバティブ取引所(NCDEX)ではひよこ豆の取引価格が14年はじめと比べて70%以上も高騰し、100キログラム当たり5247ルピーの史上最高値に達した。

インドは世界最大の豆の生産国であるとともに消費国、輸入国でもあるため、ダールショックは国際市場にも打撃を与えているとトレーダーらは言う。米国やカナダから輸出されるレンズ豆の価格もここ3カ月の間上昇を続けている。

世界の食用豆の約半分がインドで取引されることから、インドの国内価格の動きは世界市場での価格の基準となる。食用豆の価格は今年、10年以降でははじめて穀物の価格を上回った。

「インドで豆が不足すると国際市場が熱を帯びる」と豆取引大手マビガの最高経営責任者、マーカス・コールズ氏は語る。

「国連国際豆年」のインドにおける取り組みを指揮するインド商業会議所の経済アドバイザー、G・チャンドラシェカール氏によると、多くの都市で豆の小売価格が鶏肉や卵の価格を上回っているという。「キマメの価格は1キログラム当たり200ルピーだが、鶏肉は同150ルピー、卵は12個で約60ルピーだ」と同氏は指摘する。

「ベジタリアンの人々にとって、食用豆は非常に高価なものになってしまった」

クード氏は、今年の「ディワリ」(秋に行われるヒンズー教の大祭)では、伝統的に贈られる菓子の代わりにスプリットピーやレンズ豆を贈った人もいたと言う。

価格高騰に対する消費者の悲鳴で、政府は10月、買いだめを無くすために在庫量を制限したほどだ。

 当局は取引業者や小売業者が保有できる在庫量に上限を課し、仕手筋と疑われる人々を強制捜査した。これが、大手取引業者のグレンコアや丸紅、アフリカのETGなど、インドに輸出する主要な国際グループに打撃を与えた。「ちょっとした混乱が生じている」とコールズ氏は言う。

インド豆・穀物協会の会長でグレンコアのインド子会社を率いるプラビン・ドングル氏は、政府による在庫の没収は、「不当な処罰を危惧する輸入業者の意欲をそぐ」と指摘する。

米や小麦などとの競争激しく

今年の需給の逼迫は、国内の消費拡大を受け、インドの輸入量が上昇を続けた結果として生じたものだ。

豆の生産は、政府が価格を支える米、小麦、さとうきび、綿などの生産との競争にさらされる。インドの食生活には欠かせない豆ではあるが、軽んじられているのが現状だ。ドングル氏によると、かんがい地で農業を営む人々は他の作物に乗り換え、豆は限界耕作地で作られていると言う。

短期的には、価格高騰はアフリカ南部のマラウイ共和国からカナダのマニトバ州に至るまで、農家の豆の栽培を後押しする。「わたしは35年間こんな価格を見たことがない」とコールズ氏は言う。しかし、長期的には、主要な豆消費国における人口や収入の増加が消費を押し上げるとアナリストらは予想する。

「インド、トルコ、パキスタンなどの人口増加が需要を支える状態は続く」とカナダ農業信用公社の上席エコノミスト、クレイグ・クレマー氏は述べる。

豆をめったにないごちそうにしないためには、政府は生産、加工、貿易を監督する政策を立案して適切な措置を講じる必要があると、農業部門の幹部らは指摘する。

米や小麦と違って豆は適切な援助を受けていないと、ドングル氏は言う。「消費者にとって、豆は安価な植物性たんぱく源であるべきだ」

By Emiko Terazono & David Keohane

(2015年11月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2015. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン