/

この記事は会員限定です

トヨタ、シリコンバレーで人工知能開発に描く夢

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス

「トヨタ自動車およびトヨタグループは、かつてグループ全体のモデルチェンジを経験してきた企業群である。織機から自動車へと(主要な)生産品目を変更してきた。(今後は)人工知能とビッグデータを自動車以外の産業基盤の要素技術として活用できるのではないか」――。

トヨタ自動車が開催した人工知能に関する研究・開発拠点の設立発表会(2015年11月6日開催)の席上、社長の豊田章男氏が繰り返し発したのは、意外にも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン