/

この記事は会員限定です

シニアがコンビニを変える セブンの挑戦

老いに克つ(1)

[有料会員限定]

若者のたまり場からシニアの社交場へ。コンビニに集うのも、サービスを提供するのもシニアという時代が来るかもしれない。全国約36万人の店員を抱えるセブン―イレブン・ジャパンは本気のシニア活用に取り組み始めた。狙いは高年齢化する顧客への対応だ。

体が付いてくる限り

「今晩のおかず、何にするの?」。北九州市のセブンイレブン八幡春の町店で働く小沢綾子さん(73)は同世代の来店客に親しく話しかけた。「小沢さんの笑顔がすてきだから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1794文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン