遠軽信用金庫、情報漏えい防止に4種のソフトを導入

2015/11/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

遠軽信用金庫(北海道紋別郡)は2015年11月13日、情報漏えいの防止やコンプライアンス対応などを目的に4種類のセキュリティーソフトを導入し、10月19日付けで運用を開始したと発表した(図)。機密情報を格納したサーバーの監査証跡や、業務端末のログ管理/アクセス制御などを実現する。導入を担当したSIベンダーは富士通エフサス。

セキュリティーソフトによって、特権ID使用者を含む情報系システム利用者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]